読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アンキアライン

ルイジ・ノーノの音楽(主として後期作品)について

Das atmende Klarsein Texts

Text 1
Nach spätem Gewitter...das atmende Klarsein... (E7.L24)
夕立の後 静かに息づく澄明なたたずまい

 

Text 2
Eίς Ἀίδαο δόμους εὐήρεας (H.L2)
ἔστ' ἐπὶ δoξὶα KRHNA (H.L2)
Πὰρ δ'αὐτὰν εστακῦα λευκὰ (H.L3)
KYΠAPIΣΣOΣ (H.L3)
冥界の立派な館へ下りていくと down to the well-built house of Hades
その右側に泉があり There is a spring at the right side
そしてその傍らに白い and standing by it a white
糸杉が立っているcypress

 

Text 3
Anche NOI (E2.L74)
Verso la case di ADE (P.L1)
Troveremo una FONTE (P.L1)

私たちもまた
冥界の館の傍らに
泉を見つけるだろう

 

Text 4
EIN REINES (E2.L74)
FRUCHTLANDS (E2.L75)

INS FREIE (E7.L38)
ひとつの純粋な
沃土

自由の中へ

 

Text 5
ES WÄRE EIN PLATZ (E5.L96)
ZEIGTEN DIE LIEBENDEN (E5.L97)
IHRE TÜRME (E5.L100)
AUS LUST (E5.L100)
ひとつの広場(場所)があるのだろう
愛し合う人たちが示し
彼らの塔
歓びの(歓びからなる/歓びでできた)

 

Text 6
πρόσθεν δὲ εὐρήσεις (H.L6)
τὰς Mναμοσύνας ἀπὸ λίμνας (H.L6)
ψυχρὸν ὔδορ προρέον (H.L7)

INS FREIE (E7.L38)
その先にあなたは見つけるだろう ahead you will find
ムネモシュネの沼から from the Lake of Memory
流れ出ている冷たい水を cold water pouring forth

自由の中へ

 

Text 7
DÍ: (H.L10)
Son figlio di Terra (H.L10)
e di Cielo stellato (H.L10)
Son arso di sete (H.L11)
καὶ ἀπόλλυμαι (H.L11)
言いなさい:
私は大地と
星散乱える天空の子です
私は渇きのために喉が干涸びて
死にそうだ and am dying

 

Text 8
SIEHE: (E7.L30)
Da rief ich die Liebenden (E7.L30)
Es kämen aus Gräbern (E7.L31)
INS FREIE (E7.L38)
見よ:
そこで私はあの愛に生きた女を呼んだ
墓の中から立ち現れて
自由の中へ

 

Text 9
EIΠEIN: (P.L6)
τῆς γῆς παῖς εἰμί (P.L6)
καὶ οὐρανοῦ ἀστερόεντος (P.L6)
δότε μοι (P.L8)
πιεῖν ἀπὸ τῆς KPHNHΣ (P.L10)
言いなさい: Say:
私は大地と I am a child of Earth
星散乱える天空の子です and starry Sky
私に与えなさい grant me
泉から水を飲むことを drink from the spring

 

Text 10
Ascolta:

Viene Uno dei Messi (S7.L12)
Leva frutti gloriosi (S7.L14)

AUS LUST (E5.L100)
INS FREIE (E7.L38)
聞け:
使者たちのひとりが来る
頌むべき果実を捧げる
歓びの(歓びからなる/歓びでできた)
自由の中へ

 

Text 11
UN ATTIMO___EINE STUNDE___χαῖρε χαῖρε χαῖρε
NEPPURE UN ATTIMO___NICHT GANZ EINE STUNDE___παθῶν τὸ πάθημα
E TUTTO DIVENTA___KAUM MESSLICHES___χαῖρε χαῖρε
IN SEINEM FÜHLENDEN SÜDEN___VOLL DASEIN___χαῖρε
(E7.L42) (E7.L42) (T1.L5)
(E7.L42-43) (E7.L42-43) (T1.L3)
(S7.L8) (E7.L43-44) (T1.L5)
(S7.L7) (E7.L45) (T1.L5)
一刻(ひととき) 一刻 ようこそ、ようこそ、ようこそ
一刻というほどの時間ではない 一刻というほどの時間ではない 苦しみを被った
そしてすべては~になる ほとんど測り得ぬ ようこそ、ようこそ
彼の感受する南のなかで 存在に満ち溢れた ようこそ

 

Text 12
UN ATTIMO___ZWISCHEN ZWEI WEILEN___παθῶν
IMMISURABILE___HIER SEIN IST VIEL___τὸ πάθημα
(E7.L42) (E7.L44) (T1.L3)
(E7.L44) (E7.L39) (T1.L3)
一刻 二つの刹那のあいだの 被った
測り得ぬ ここに在ることはきわめて 苦しみ

 

Text 13
AUS DUNKEL STEIGT EIN___BUNTES OFFENBARES
ZWISCHEN STROM UND GESTEIN
das atmende Klarsein
__________INS FREIE

(S14.L3) (S14.L3)
(E2.L76)
(E7.L24)
__________(E7.L38)

幽暗のなかから立ち昇るひとつの 色鮮やかな啓示
奔流と岩石の間の
静かに息づく澄明なたたずまい
__________自由の中へ