読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アンキアライン

ルイジ・ノーノの音楽(主として後期作品)について

Guai ai gelidi mostri II Texts

Guai ai gelidi mostri

II. Lemuria

Quando non può

farsi più buio

di quest'ora che affonda--

Quando

dalle foreste d'ombra

minacciano i Lemuri--

Ille Memor

scalzo si leva

schiocca le dita

getta le nere fave

dietro alle Larve--

Scrosciano allora scorze di parole-- *1

Morti vermi ne generano vivi--

Corruptio Faetor Fungus--

Temesaeque concrepat aera

Nec requies erat

Ed è l'Aria senza

rifugio di Pace

 

II. Lemuria

When it can't

get much darker

than this hour, that sinks--

When

from the dark forest

the Lemures, threaten--

Memor (Ille Memor=he who remembers)

arises barefoot

snaps its fingers

throws the black beans

to the Larvae behind--

then Shells of speech pour down--

Dead maggots begetting live maggots--

Corruption Stench Decay--

rattles with bronze from Temesa

There was no repose

And it is the Air without

refuge of silence

 

Sources:

Gottfried Benn

  • Dunkler

Ezra Pound

  • Canto VII
  • Canto XIV

Lucretius

Ovid

  • Fasti - Liber V

*1:scorze di paroleは、パウンド『第7詩篇』のshell of speech、あるいはhusk of talkに対応するのだろう。動詞scrosciareには「ごうごうと流れ落ちる」という意味がある。流れに対抗することはGuai ai gelidi mostriのテキストの主題である。カッチャーリのテキスト解説では、分解すると「言う/流れる」の意味になる動詞discourir(長広舌をふるう・まくしたてる)を使って、「リルケの開かれはdiscourirすなわち<dis言う/courrir流れる>の暴力に対抗する沈黙である」、さらに、「ニーチェのいう、余計な人間でない人間になることは、流れることをやめること、discourir=<言う/流れる>をやめること、たちどまれること、たちどまろうとしはじめることだ」と書かれている。Scrosciano allora scorze di paroleはしたがって、中身のない表層的な言葉、聞き流してもかまわないような言葉が滔々と流れるように語られる、といった意味だろうと推測する。