アンキアライン

ルイジ・ノーノの音楽(主として後期作品)について

飛来

f:id:dubius0129:20160513020014p:plain

ヴェネツィアにもいるコチドリ。イタリア語名Corriere piccolo)

 

f:id:dubius0129:20180210220715p:plain

2017年のノーノ物件

 

Nono Books

2014年以降の主な新刊

f:id:dubius0129:20160513020125p:plain

 

近刊予告

f:id:dubius0129:20160513020058p:plain

Jürg Stenzl

Luigi Nono

Schott Music 166 pp.

上写真・左の本の改訂新版。2018年夏刊行だといううさんくさいうわさ。

*

Angela Ida De Benedictis and Veniero Rizzardi (eds.) / John O'Donnell (trans.)

Nuria Schoenberg Nono (Forward)

Nostalgia for the Future: Luigi Nono's Selected Writings and Interviews

University of California Press 461 pp.

上写真・右の本の英訳版。2018年6月刊行予定

*

Jonathan Impett

Luigi Nono and Musical Thought

Routledge 325 pp. 2018年4月刊行予定

 

2017

Roberto Calabretto

Luigi Nono e il cinema <<Un’arte di lotta e fedele alla verità >>

LIM Editrice Srl. 539 pp.

ルイジ・ノーノと映画」というお題で500頁を上回る本を書く『白鯨』スタイル。

*

Friedemann Sallis, Valentina Bertolani, Jan Burle and Laura Zattra (eds.)

Live-Electronic Music. Composition, Performance, Study

Routledge 340 pp.

ノーノについての記述を数多く含む、ライヴ・エレクトロニクス音楽全般に関する論文集。

*

Carolin Abeln

Sprache und Neue Musik: Hölderlin-Rezeption bei Wilhelm Killmayer, Heinz Holliger, Wolfgang Rihm und Luigi Nono

Rombach Verlag 281 pp.

ノーノを含む現代音楽作曲家のヘルダーリン受容についての本。

 

2016

Birgit Johanna Wertenson und Christian Storch (Hrsg.)
Luigi Nono und der Osten
Are Musik Verlag 437 pp.
ルイジ・ノーノと東側諸国」のテーマに沿った論文15篇を収録。原稿を募集していたのが2011年だから出るまでにずいぶん時間がかかった。

*

Luigi Nono e Giuseppe Ungaretti / A cura di Paolo Dal Molin e Maria Carla Papini

Per un sospeso fuoco: Lettere 1950-1969

il Saggiatore 476 pp.

ノーノとウンガレッティの往復書簡集。Cori di Didoneの草稿も収められている。

 

2015

Carola Nielinger-Vakil

Luigi Nono: A Composer in Context

Cambridge University Press 343 pp.

これは本当にいい本です。

*

Friedrich Geiger und Andreas Janke (Hgg.)

Venedig - Luigi Nono und die komponierte Stadt

Waxmann 248 pp.

ヴェネツィアとノーノ」という魅惑のテーマをめぐる論文集。

*

Joachim Junker

>>Die zarten Töne des innersten Lebens<< Zur Analyse von Luigi Nonos Streichquartett Fragmente - Stille, An Diotima

Pfau 306 pp.

毎年のようにノーノの本を出している驚異の出版社Pfau Verlagより、2015年はFragmente - Stille, An DIotimaの分析本。

*

Krzysztof Kwiatkowski

Mistrz dźwięku i ciszy. Luigi Nono

Krytyki Politycznej 304 pp.

ポーランド語で書かれたノーノの本。表題は『音と沈黙のマエストロ』。

*

Luigi Nono / prepared by André Richard, Marco Mazzolini

Risonanze erranti. Liederzyklus a Massimo Cacciari

CASA RICORDI

遂に刊行のはこびとなったRisonanze erranti新編集版スコア。詳しくはこちらで紹介。

*

※特記事項。2015年になってRICORDIから出ているPrometeo普及版のスコア(オリジナルの縮小コピーを束ねただけのもの)が超大幅値下げ。従来の10分の1ていどの価格になり、日本円でも1万円台で購入できるようになった。

 

2014

Elfriede Elisabeth Reissig

Luigi Nono: >>Das atmende Klarsein<< Text - Musik - Struktur

Pfau 250 pp.

毎年のようにノーノの本を出している驚異の出版社Pfau Verlagより、2014年はDas atmende Klarseinの分析本。

*

Nuria Shoenberg Nono (a cura di / edited by)

Per Luigi Nono Dediche / For Luigi Nono Dedications

Fondazione Archivio Luigi Nono ONLUS 83 pp.

ノーノ生誕90周年を記念してFondazione Archivio Luigi Nonoが出版した本。前半はノーノに献呈された署名入りの本を写真で紹介。後半はそれらの人々とノーノの交流のもようを綴った記事。伊英二ヶ国語。

 

Nono Records

2014年以降の主な新譜

 

f:id:dubius0129:20160513020146p:plain

2017

Edizione delle opere vol. 1 Luigi Nono: Risonanze erranti (shiiin – eln 1)

Fondazione Archivio Luigi Nonoの2016年のニュースレター(YouTubeにあがっている)で仏shiiinレーベルからLuigi Nono Editionという5枚組のDVDを出しますよという夢のような予告があって、その第1弾がようやく実現したのがこのマルチチャンネルSACD。2014年パルマのテアトロ・ファルネーゼでの演奏と1987年10月パリでの決定版初演の録音を収録。予告どおりならこの後Prometeo、A floresta é jovem e cheja de vida、60年代の電子音楽作品、Composizione per orchestra n. 2と続く。

*

Classici di Oggi Stefano Malferrari pianoforte vol. 1 (EMA Vinci Records – 40052)

... sofferte onde serene ... の私が知るかぎり14番目の録音。

 

2016

ノーノ作品集:力と光の波のように/墓碑銘 第1曲 わが心のスペイン 墓碑銘 第3曲 故人のための祈り (KICC 1320)

再発売ですが音質が良くなったらしいよ。

*

ブーレーズ・ライヴシリーズ:ノーノ『断ち切られた歌』/シュトックハウゼン『グルッペン』 (ALT346)

ブーレーズ指揮、1959年の録音。

*

Absolute-MIX 矢沢朋子ピアノ・ソロ(GEISYA FARM GF-002)

... sofferte onde serene ... 収録。... sofferte onde serene ... のたぶん第13番めの録音である。

 

2015

Italia: Verdi, Scelsi, Nono, Pizzetti, Petrassi (hänssler CLASSIC 93.329)

イタリアの作曲家の合唱作品集。ノーノの Sarà dolce tacere を収録。これは2006年に同じレーベルから出ているリヒャルト・シュトラウスワーグナーとノーノの合唱曲集(93.179)からの再録。

*

Pierre Boulez: Le Domaine Musical 1956...1967 (Deutsche Grammophon 4811510)

2006年に8枚組で出ていたブーレーズの「ドメーヌ・ミュジカル」のCDが、ブーレーズ90歳おたおめ記念で10枚組に増量・減額になって再登場。ノーノ作品は Incontri だけ収録。

*

LES CONCERTS DU DOMAINE MUSICAL (Doxy DOZ427)

それとは別にLPも復刻されている。同じく Incontri 入り。

*

POLLINI & ABBADO: The complete Deutsche Grammophon recordings (4821358)

ポリーニアバドのコンビによるドイツ・グラモフォンの録音を集めた8枚組の全集。ですから Como una ola de fuerza y luz が入っております。

*

Masterworks of the 20th Century (Sony Classical 88875061902)

ColumbiaとRCAからむかし出ていた現音系LPを復刻した10枚組の箱。10枚目にノーノの Epitaffio per Federico García Lorca 第2曲 Y su sangre ya viene cantando を含む。ブルーノ・マデルナ指揮、1967年の演奏なり。

*

PROMETHEUS (Euroarts 2001944)

前にDVDで出ていた『プロメテウス 神話のさまざまな変奏』とかいうやつのブルーレイ版。Prometeo のヘルダーリンの章の演奏のもようが、それはそれは世にもヒドイ画像処理つきで収録されている。

*

Noël Akchoté + Luigi Nono (Noël Akchoté Downloads LGD-3, LGN-4, LGN-8)

ギタリストのノエル・アクショテがノーノの声楽曲3曲(Sarà dolce tacere と"Ha venido". Canciones para Silvia と ¿Donde estás hermano?)をギター版に編曲。iTunesその他でダウンロード販売

 

2014

LOST IN VENICE WITH PROMETHEUS: Bach, Beetoven, Wagner, Liszt, Nono, Holliger (Fuga Libera - FUG716)

ベルギーのレーベルFuga Liberaから出た、Jan Michielsの弾くピアノのアルバム(3枚組)。 ... sofferte onde serene ... 収録。... sofferte onde serene ... のたぶん第12番めの録音である。

*

Luigi Nono: Seguente (Edirion RZ - ed. RZ 1031-32)

箱入り2枚組。

CD1

  • A Carlo Scarpa, architetto, ai suoi infiniti possibili (1984)
  • A Pierre. Dell'azzurro silenzio, inquietum (1985)
  • Guai ai gelidi mostri (1983)
  • La terra e la compagna (1957/58)

CD2

  • 1° Caminantes.....Ayacucho (1986/87)
  • 2° No hay caminos, hay que caminar.....Andrej Tarkowskij (1987)

1枚めの前3曲はノーノが亡くなった1990年に出た黒いLPのCD化。4曲めのLa terra e la compagna はCD初出。

*

Wolfgang Rihm / Luigi Nono: Passion Texts(AEON - AECD1441)

リームとノーノの声楽作品集。ノーノ作品はSarà dolce tacereと¿Donde estás hermano?の2曲を収録。

 

Luigi Nono Late Works Discography

... sofferte onde serene ... 以降の作品別ディスコグラフィ。原則としてLPは除く。