アンキアライン

ルイジ・ノーノの音楽(主として後期作品)について

飛来

f:id:dubius0129:20160513020014p:plain

 

Nono Books

2014年以降の主な新刊

f:id:dubius0129:20160513020125p:plain

 

近刊予告

f:id:dubius0129:20160513020058p:plain

Jürg Stenzl

Luigi Nono

Schott Music 166 pp.

上写真・左の本の改訂新版。2016年5月、まもなく発売

→いつ出るんだか、そもそも出るんだかどうかもさっぱりわがんね。

*

Angela Ida De Benedictis and Veniero Rizzardi (eds.) / J. O'Donnell (trans.)

Nostalgia for the Future: Selected Writings and Interviews of Luigi Nono(仮題) University of California Press

上写真・右の本の英訳版。2016年中に刊行予定

→2017年刊行になるらしい

*

Jonathan Impett

Luigi Nono and Musical Thought

Routledge 325 pp. 2017年刊行?

 

2016

Birgit Johanna Wertenson und Christian Storch (Hrsg.)
Luigi Nono und der Osten
Are Musik Verlag 437 pp.
ルイジ・ノーノと東側諸国」のテーマに沿った論文15篇を収録。原稿を募集していたのが2011年だから出るまでにずいぶん時間がかかった。

 

Luigi Nono e Giuseppe Ungaretti / A cura di Paolo Dal Molin e Maria Carla Papini

Per un sospeso fuoco: Lettere 1950-1969

il Saggiatore 476 pp.

ノーノとウンガレッティの往復書簡集。Cori di Didoneの草稿も収められている。

 

2015

Carola Nielinger-Vakil

Luigi Nono: A Composer in Context

Cambridge University Press 343 pp.

これは本当にいい本です。

*

Friedrich Geiger und Andreas Janke (Hgg.)

Venedig - Luigi Nono und die komponierte Stadt

Waxmann 248 pp.

ヴェネツィアとノーノ」という魅惑のテーマをめぐる論文集。

*

Joachim Junker

>>Die zarten Töne des innersten Lebens<< Zur Analyse von Luigi Nonos Streichquartett Fragmente - Stille, An Diotima

Pfau 306 pp.

毎年のようにノーノの本を出している驚異の出版社Pfau Verlagより、2015年はFragmente - Stille, An DIotimaの分析本。

*

Krzysztof Kwiatkowski

Mistrz dźwięku i ciszy. Luigi Nono

Krytyki Politycznej 304 pp.

ポーランド語で書かれたノーノの本。表題は『音と沈黙のマエストロ』。

*

Luigi Nono / prepared by André Richard, Marco Mazzolini

Risonanze erranti. Liederzyklus a Massimo Cacciari

CASA RICORDI

遂に刊行のはこびとなったRisonanze erranti新編集版スコア。詳しくはこちらで紹介。

*

※特記事項。2015年になってRICORDIから出ているPrometeo普及版のスコア(オリジナルの縮小コピーを束ねただけのもの)が超大幅値下げ。従来の10分の1ていどの価格になり、日本円でも1万円台で購入できるようになった。

 

2014

Elfriede Elisabeth Reissig

Luigi Nono: >>Das atmende Klarsein<< Text - Musik - Struktur

Pfau 250 pp.

毎年のようにノーノの本を出している驚異の出版社Pfau Verlagより、2014年はDas atmende Klarseinの分析本。

*

Nuria Shoenberg Nono (a cura di / edited by)

Per Luigi Nono Dediche / For Luigi Nono Dedications

Fondazione Archivio Luigi Nono ONLUS 83 pp.

ノーノ生誕90周年を記念してFondazione Archivio Luigi Nonoが出版した本。前半はノーノに献呈された署名入りの本を写真で紹介。後半はそれらの人々とノーノの交流のもようを綴った記事。伊英二ヶ国語。

 

Nono Records

2014年以降の主な新譜

 

f:id:dubius0129:20160513020146p:plain

2016

ノーノ作品集:力と光の波のように/墓碑銘 第1曲 わが心のスペイン 墓碑銘 第3曲 故人のための祈り (KICC 1320)

再発売ですが音質が良くなったらしいよ。

 

ブーレーズ・ライヴシリーズ:ノーノ『断ち切られた歌』/シュトックハウゼン『グルッペン』 (ALT346)

ブーレーズ指揮、1959年の録音。

 

Absolute-MIX 矢沢朋子ピアノ・ソロ(GEISYA FARM GF-002)

... sofferte onde serene ... 収録。... sofferte onde serene ... のたぶん第13番めの録音である。

 

2015

Italia: Verdi, Scelsi, Nono, Pizzetti, Petrassi (hänssler CLASSIC 93.329)

イタリアの作曲家の合唱作品集。ノーノの Sarà dolce tacere を収録。これは2006年に同じレーベルから出ているリヒャルト・シュトラウスワーグナーとノーノの合唱曲集(93.179)からの再録。

*

Pierre Boulez: Le Domaine Musical 1956...1967 (Deutsche Grammophon 4811510)

2006年に8枚組で出ていたブーレーズの「ドメーヌ・ミュジカル」のCDが、ブーレーズ90歳おたおめ記念で10枚組に増量・減額になって再登場。ノーノ作品は Incontri だけ収録。

*

LES CONCERTS DU DOMAINE MUSICAL (Doxy DOZ427)

それとは別にLPも復刻されている。同じく Incontri 入り。

*

POLLINI & ABBADO: The complete Deutsche Grammophon recordings (4821358)

ポリーニアバドのコンビによるドイツ・グラモフォンの録音を集めた8枚組の全集。ですから Como una ola de fuerza y luz が入っております。

*

Masterworks of the 20th Century (Sony Classical 88875061902)

ColumbiaとRCAからむかし出ていた現音系LPを復刻した10枚組の箱。10枚目にノーノの Epitaffio per Federico García Lorca 第2曲 Y su sangre ya viene cantando を含む。ブルーノ・マデルナ指揮、1967年の演奏なり。

*

PROMETHEUS (Euroarts 2001944)

前にDVDで出ていた『プロメテウス 神話のさまざまな変奏』とかいうやつのブルーレイ版。Prometeo のヘルダーリンの章の演奏のもようが、それはそれは世にもヒドイ画像処理つきで収録されている。

*

Noël Akchoté + Luigi Nono (Noël Akchoté Downloads LGD-3, LGN-4, LGN-8)

ギタリストのノエル・アクショテがノーノの声楽曲3曲(Sarà dolce tacere と"Ha venido". Canciones para Silvia と ¿Donde estás hermano?)をギター版に編曲。iTunesその他でダウンロード販売

 

2014

LOST IN VENICE WITH PROMETHEUS: Bach, Beetoven, Wagner, Liszt, Nono, Holliger (Fuga Libera - FUG716)

ベルギーのレーベルFuga Liberaから出た、Jan Michielsの弾くピアノのアルバム(3枚組)。 ... sofferte onde serene ... 収録。... sofferte onde serene ... のたぶん第12番めの録音である。

*

Luigi Nono: Seguente (Edirion RZ - ed. RZ 1031-32)

箱入り2枚組。

CD1

  • A Carlo Scarpa, architetto, ai suoi infiniti possibili (1984)
  • A Pierre. Dell'azzurro silenzio, inquietum (1985)
  • Guai ai gelidi mostri (1983)
  • La terra e la compagna (1957/58)

CD2

  • La terra e la compagna (1957/58)
  • 1° Caminantes.....Ayacucho (1986/87)
  • 2° No hay caminos, hay que caminar.....Andrej Tarkowskij (1987)

1枚めの前3曲はノーノが亡くなった1990年に出た黒いLPのCD化。4曲めのLa terra e la compagna はCD初出。

*

Wolfgang Rihm / Luigi Nono: Passion Texts(AEON - AECD1441)

リームとノーノの声楽作品集。ノーノ作品はSarà dolce tacereと¿Donde estás hermano?の2曲を収録。

 

Luigi Nono Late Works Discography

... sofferte onde serene ... 以降の作品別ディスコグラフィ。原則としてLPは除く。

広告を非表示にする